HOME > よくある質問 > その他のFAQ

FAQ 〜よくある質問〜

その他のFAQ

老眼は何才くらいまで進むのですか?

年齢に伴う目の老化は70才過ぎまで続くといわれますが、老眼鏡の度数は大体65才ぐらいを過ぎると安定します。

老眼鏡をかけると度は進みますか?

老眼鏡の度の進みは年令的なものですから、老眼鏡をかける、かけないとは関係なく進みますので、メガネをかけたからといって、度が早く進むことはありません。

近くが見えにくくなったら適度のメガネを使って眼精疲労を起こさないようにしたほうが良いと思います。
ガマンして疲れる分、損だと思います。

メガネの度数を上げてしまうと視力は落ちるのでしょうか?

適切な度数であれば、度を上げて視力が落ちるという事はありません。

どうしても度を上げた新しいメガネを使い始めてしまうと、古い方は物足りなく感じてしまうのと、長時間メガネをかけた後に外して見てしまうと、ぼやけて見えてしまう事で、目が悪くなったと感じてしまうのです。

逆にメガネの度数が弱すぎる状態であると、常に遠くを見る時、よく見えるように目を細めて見てしまいがちですが、この状態は目にいつも負担をかけている状態なので眼精疲労の原因となり、このことからくる視力低下で目が悪くなってしまう事すらあります。(もちろん度数が強すぎても逆効果です。)

ですので、一番大事なのは今現在の自分の目にしっかりと合った度数のメガネをかけるという事です。
弐萬圓堂のスタッフ一同、懇切丁寧な視力測定で、適切な度数を提示させて頂きます。

コンタクトの強さとメガネの強さは必ずしも同じではない?

コンタクトレンズは直接眼につけて使用しますが、眼鏡のレンズは眼とある程度の距離があります。そのため、いくらか度数にパワーロスが生じます。

このパワーロスのため同じ視力にするには、強度の方こそ眼鏡の度数を強くする必要があります。そのため視力は同じでも見え方に違いが出てきます。

また同様の理由で、眼鏡の場合コンタクトレンズには無い眼鏡特有のゆがみが生じます。このゆがみを軽減するために度数を弱める事もあります。場合によってコンタクトと眼鏡を併用している方は、眼鏡を室内用にあわせるなどコンタクトより度数を弱くします。

コンタクトでは、瞳とコンタクトの間に涙液があるため、ある程度の乱視矯正がされる場合があります。しかし眼鏡ではその乱視矯正がされないため、コンタクトでは乱視度数がなくても眼鏡には乱視度数をいれての矯正が必要になるときもあります。

空間を見渡したときのゆがみなどを考慮して、快適な眼鏡を作りましょう。

仮性近視は治る?

仮性近視とは一時的に目が近視の状態になっていることを言います。簡単にいうと、一時的に目が悪くなっている状態のことですね。

詳しく説明させていただくと、目というのは遠くからの光に対してはピントが合っていますので、とくに目の筋力(毛様体筋)を使わずに見ています。目の筋肉が伸びている状態です。逆に近くを見るときには、近くに目のピントを合わせるために目の筋力を使って見ています。

目の筋肉が収縮してる状態です。このことを頭において本を長時間読んでいる時とパソコンを長時間使用している時の状態を考えます。本もパソコンも近くのものを見ている状態ですから、目のピントを近くに合わせるために目の筋力は収縮している状態ですね。

この状態が長時間続くと、目の筋力が収縮したままの状態で緊張しています。ようするに目の筋力が固まってしまっている状態です。このままの状態で遠くを見ようとすると、目のピントは近くに合わせた状態のまま遠くを見ているわけなので遠くが見えなかったり、見えづらくなってしまいます。これが仮性近視です。

なので最近近くのものを見すぎた後、遠くが見えづらいということがあれば、仮性近視の恐れがあります。

この仮性近視が続きますと、一時的なものから慢性的な近視になります。こうなる前に検査と問診とメガネを用いれば予防対策が出来ますので、是非一度ご来店いただければと思います。

※違う説として仮性近視がないという見解もあります。
今回の場合は仮性近視があるということを前提の話となっております。

<< 1 2 3 >>

infinity story start 〜選べるプライス選べるプラン〜

今日からはじめよう 光老化対策

ハズキルーペ無

Axia LITE

SAMURAI SHO

NEOJIN

レイバン

ARX

補聴器をお探しの方へ

似合うレンズの選び方

単焦点・多焦点レンズとは

お問い合わせ・ご相談

お客様相談窓口


このページの先頭に戻る