新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応について

ブランドフレーム、機能レンズを選んで作る自分スタイルメガネ

補聴器を使いこなすコツは?

補聴器は、使いながら調整を重ねる事で少しづつ慣れていき、ほんとうに自分に合った補聴器になっていくのです。 慣れるまでの時間には個人差がありますが、ここでは標準的なステップをご紹介します。

STEP1. 装用時間の目安

最初は、まず1時間程度。その後、少しづつ装用時間をのばしていきましょう。

STEP2. 1~2週間目の練習方法

家の中の静かな場所で使用しましょう。

声に出して新聞や本を読む

最初は自分の声の聞こえ方に少し違和感を感じると思いますが、徐々に慣れていきます。

テレビのニュースや天気予報を聞く

今までよりも小さな音量で聞き取れるかどうかを試してみましょう。
(ドラマや娯楽番組などは背景音が多く、聞き取りにくい場合があります。)

食器を洗う音、電話のベル、エアコンなどの生活音を聞く

今まで聞こえなかった家の中の様々な音が聞こえるかどうかを確かめてみましょう。

家族と会話をする

まずは静かな室内のなるべく近い距離で、相手の話し声を聞き取る練習をしましょう。


STEP3. 3~4週間目の練習方法

散歩や買い物などに装用する

車の音、犬の鳴き声など、周りの音を聞いてみましょう。 職場や、会合などで装用する 大勢の人がいる場所で、人の声をきちんと聞き取れるか試してみましょう。 観劇や映画鑑賞など、少しずつ活動範囲を広げる いつもとは違う場所、興味のあるところにもどんどん出かけて、聞く事を楽しみましょう。

職場や、会合などで装用する

大勢の人がいる場所で、人の声をきちんと聞き取れるか試してみましょう。

観劇や映画鑑賞など、少しずつ活動範囲を広げる

いつもとは違う場所、興味のあるところにもどんどん出かけて、聞く事を楽しみましょう。

外ではできるだけ話し相手と近づき(1m以内)、聞き取る練習をする

静かな場所だけでなく、さまざまな音が飛び交っている場所でも会話をしてみましょう。

ページの先頭へ